お肌にあったリフトアップ化粧品でハリのある素肌を保ちましょう!

2016年11月12日

リフトアップ化粧品に含まれる成分で抗酸化力を高める!


リフトアップ効果が期待できる化粧品には、
抗酸化力を持つ成分が配合されていることがあります。

この成分は紫外線や喫煙、ストレス、食生活の乱れなどで
体内にできた「活性酸素」という とても強力な酸化力をもつ酸素を無害化する成分です。


この「活性酸素」は
本来は細胞を外部の刺激から守るためにつくられるのですが
困ったことに増えすぎてしまうと細胞自体にダメージを与えます。

活性酸素によってダメージを与えられた細胞は、
コラーゲンを生成するはたらきが弱くなり
そのため、肌の老化や弾力の衰えを加速させてしまうのです。


また、活性酸素が表皮にあるメラノサイトという
メラニンを作り出す組織を攻撃すると、
メラニンの量が増えてシミの原因となるとも言われています。

鉄が空気に触れるて時間がたつと「酸化」が始まりサビついていくように
人の肌もサビついて「酸化=劣化」してしまうのですね。

そのお肌の酸化の進行を食い止める働きをするのが抗酸化成分です。


抗酸化力の高い成分の一例には
ビタミンC誘導体、ビタミンE、リコピン、レスベラトロール、
アスタキサンチン、ユビキノン、白金、フラーレン、
プラセンタエキス、コエンザイムQ10などがあります。


最近よく知られている抗酸化成分入りの化粧品には、
富士フィルムの「アスタリフト」シリーズに配合され
赤いパワーの「アスタキサンチン」や
DHCのQ10シリーズに配合されている「コエンザイムQ10」などがあげられます。

また「ビタミンC誘導体」入りの化粧品としては
ドクターシーラボの「VC100エッセンスローション」
口コミサイトなどでも人気です。


抗酸化作用成分が配合された化粧品は、
シミやシワ・たるみ、毛穴の開きといった
年齢肌にもっとも多い肌トラブルを改善したり予防する働きがあります。


アンチエイジングのためのスキンケアにはぜひ取り入れたい成分です。




posted by リフトアップ化粧品大好き♪ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | リフトアップ化粧品 抗酸化力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。